支援級の先生との面談(*’ω’*)

子ども

RSに支配されぎみだけど、元気な子達は通常通りの生活!夏休みだけどね(;´Д`)



前に話した支援級について。

先日、支援級の先生と面談の為、学校へ行ってきました。

まず初めに兄と先生の2人だけで話をするという事で別部屋へ。

後で「なに話したの?」と聞くと「内緒、内緒なんだよー。」とはぐらかされた(‘ω’)


その次はばた子と先生。

兄を他の先生におまかせし別部屋へ。

教育委員会に提出する書類に記入し、兄に対してのチェックシートを記入。発達検査のようなものかな?

そして先生と兄の事。どうして支援級をと考えたのか。を話しました(‘_’)

今後は教育委員会での審査をし、これが時間がかかるそーです。

支援級だとしても、5年生からかなと。

あと、国語だけ。国語と算数だけ。と苦手な授業だけ支援級で受けることも可能ですので!と。




なんか拍子抜け。

夏休み後からと構えていたので、5年生からとは長い(;一_一)

んーーー。でもいいのかな。

発達障害と診断されて、「どうすれば、どうすれば?」と考えてしまってた所もあるので、

一度止まって、向き合ってみる時間だね。きっと!(^^)!


コメント

タイトルとURLをコピーしました